2016.05.15

本田フル出場のミラン、最終節は3失点完敗…ローマは快勝も2位浮上ならず

ローマ
先制ゴールを喜ぶローマの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA最終節が14日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランとローマが対戦した。

 ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得の可能性が残る7位ミランと、チャンピオンズリーグ(CL)本戦出場を争う3位ローマの一戦。ミランは勝利した上で、現在6位のサッスオーロが同時刻開催の試合で勝ち点を落とせば、順位が入れ替わりEL出場権を確保することができる。本田はトップ下で4試合連続の先発出場を果たしている。一方のローマは、勝ち点3を加えた上で2位ナポリが引き分け以下に終わると、逆転で2位に浮上し、CL本戦出場権を獲得することができる。

 最初のシュートはミラン。8分、本田からエリア手前中央でパスを受けたマリオ・バロテッリが右足でミドルシュートを放ったが、ここは大きく枠の上に外れた。一方のローマは丁寧にパスを繋いで試合の主導権を握ると、9分にはラジャ・ナインゴランがエリア手前右から右足でミドルを狙ったが、GKに阻まれた。

 試合が動いたのは19分。自陣でボールを奪ったローマはカウンターを仕掛け、ケヴィン・ストロートマンが浮き球のスルーパスをディフェンスラインの裏に送る。これを受けてGKと一対一を迎えたモハメド・サラーが左足でゴール左隅に決め、ローマが先制に成功した。

 1点を追いかけるミランは31分、左サイドからの折り返しがエリア内右の本田に渡ると、本田は左足ダイレクトでシュート。しかしGKヴォイチェフ・シュチェスニーに阻まれ同点とはならなかった。試合はこのまま1-0で前半を折り返す。

 ミランはハーフタイムにバロテッリを下げてルイス・アドリアーノを投入した。すると49分に決定機を迎える。スルーパスでエリア内右に抜けだしたL・アドリアーノがグラウンダーで折り返すと、DFがカットしたボールがエリア内左にこぼれる。これに反応して走り込んだ本田が思い切って左足を振り抜いたが、シュートは大きく枠の上に外れた。

 追いつきたいミランは57分、アンドレア・ベルトラッチに代えてケガ明けのジャコモ・ボナヴェントゥーラをピッチへ送り出す。

 しかし次のゴールを奪ったのはローマだった。59分、エリア内でミラレム・ピアニッチから浮き球のスルーパスを受けたステファン・エル・シャーラウィが胸でボールをコントロールし、右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。リードを広げたローマは63分、ストロートマンに代えてフランチェスコ・トッティを投入した。

 ミランは74分、左サイドからのクロスにエリア内の本田が頭で合わせたが、枠を捉えたシュートはGKに阻まれ、得点とはならない。

 終盤に差し掛かった82分、ローマはエリア内でトッティからパスを受けたサラーが左足でシュート。GKが弾いたボールをエリア内左のエメルソンが蹴り込み、決定的な3点目を奪った。ミランは直後の86分にカルロス・バッカが1点を返したが、反撃もここまで。試合はこのまま3-0でタイムアップを迎えた。

 敗れたミランは7位が決定。21日に行われるコッパ・イタリア決勝でユヴェントスを下して優勝すれば、来シーズンのEL出場権が与えられることとなる。一方のローマは、快勝でシーズンを締めくくったが、同時刻に行われた試合でナポリが勝利を収めたため、2位浮上は叶わなかった。

【スコア】
ミラン 1-3 ローマ

【得点者】
0-1 19分 モハメド・サラー(ローマ)
0-2 59分 ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
0-3 82分 エメルソン(ローマ)
1-3 86分 カルロス・バッカ(ミラン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る