2016.05.11

ミラン新指揮官候補にモンテッラ氏浮上…ブロッキ監督留任の可能性も

モンテッラ、ブロッキ
ミランの新指揮官候補に挙げられたモンテッラ監督(左)と現監督のブロッキ氏(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンプドリアを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が今シーズン限りで退任する可能性が極めて高いようだ。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が10日に報じている。

 報道によると、退任が決定的と見られているモンテッラ監督は、アントニオ・コンテ監督がユーロ2016後に退任するイタリア代表指揮官の候補に挙げられている。しかし、新天地として有力と考えられているのはミランだ。

 ミランは4月にシニシャ・ミハイロヴィッチ前監督を解任し、プリマヴェーラ(下部組織)のクリスティアン・ブロッキ監督が内部昇格。しかし、就任後の5試合で2勝2分け1敗とクラブ首脳陣を納得させるようなパフォーマンスを見せることができていない。

 ブロッキ監督は今シーズン限りで解任されるとの見方が強まっているが、ユヴェントスとのコッパ・イタリア決勝を制することができれば、留任の可能性もあると伝えられている。

 ミランは10日に中国の実業家グループとのクラブ保有株式譲渡交渉開始を発表。クラブ売却が正式に決まれば、さらなる新指揮官候補が浮上する可能性もあるようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る