FOLLOW US

イブラ代理人にローマ買収目前の過去…実現なら「トッティを構想外に」

ライオラ氏がローマを買収していた場合、トッティは退団していたかもしれない [写真]=Getty Images

 敏腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏が、過去にローマ買収に迫っていたことを明かした。同氏はイタリア誌『GQ』のインタビューでコメントしている。

 ライオラ氏は「(ローマ現会長のジェームズ)パロッタの前に、ローマを買収できる可能性があった」と、同クラブ買収に迫ったことを明かすと、「もしローマを買収していたなら、まずは(フランチェスコ)トッティをクラブの構想から外すことで、クラブを再建していただろう」と続けた。仮にローマ買収に成功した場合、同クラブのシンボルであるトッティを退団させていたことを明かしている。

 ライオラ氏は、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバらの代理人を務めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA