2016.05.05

38歳元伊代表FWトーニが現役引退を発表「お別れを言うときがきた」

トーニ
現役引退を決断したヴェローナFWトーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴェローナに所属する元イタリア代表FWルカ・トーニが、8日に行われるセリエA第37節のユヴェントス戦をもって現役を引退することを発表した。大手メディア『スカイスポーツ』が4日に伝えた。

 現在38歳のトーニは1994年にセリエC1(イタリア3部、現レーガ・プロ)のモデナでキャリアをスタートさせた。その後複数のクラブを渡り歩くと、パレルモに所属していた2003-04シーズンに30得点を挙げてチームを1部昇格に導き、プロ11年目の2004年にはイタリア代表デビューを飾った。2006年にはフィオレンティーナで自身初のセリエA得点王を獲得し、シーズン終了後に行われたドイツ・ワールドカップでは、イタリア代表の主力選手として優勝に大きく貢献。2007-08シーズンにはバイエルンでブンデスリーガ得点王に輝くなど、多くのクラブで功績を残している。

トーニ

ドイツW杯では準々決勝ウクライナ戦で2ゴールを挙げ、優勝に貢献した [写真]=Getty Images

 現在所属するヴェローナには2013年夏に加入。昨シーズンは、インテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディと並ぶ22ゴールで9年ぶりのセリエA得点王に輝いた。しかし、今シーズンは左ひざのじん帯を痛め、ここまでリーグ戦22試合に出場し5ゴールのみ。チームもセリエB降格が決まっていた。

 トーニは会見で「長年サッカーをしてきたが、お別れを言うときがきたようだ。引退することは難しい決断だったが、正しい決断だと思っている。喜びと悲しみが混ざり合っているよ。日曜日にヴェローナのホームで行われるユーヴェ戦をもって、引退するべきだと思う。ひどいシーズンだったし、精神的にもきつかった。(キャリアに)終止符を打つときがきたよ」とコメントした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る