FOLLOW US

ミラン、指揮官交代でも改善されず…ブロッキ新監督は4試合でわずか1勝

ここまで思うような結果を残せていないミランのブロッキ新監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第36節が1日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはフロジノーネと3-3で引き分けた。クリスティアン・ブロッキ監督のここまでの成績を、1日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ミランは4月12日にブロッキ監督の就任を発表し、初陣となったサンプドリア戦に勝利。しかしその後、残留を争うカルピ、ヴェローナ、フロジノーネを相手に2分1敗と、思うような結果を残せていない。

 同紙はブロッキ新監督の成績を、シニシャ・ミハイロヴィッチ前監督と比較して紹介している。1試合当たりの勝ち点はミハイロヴィッチ前監督が1.5だったのに対し、ブロッキ監督は1.25。このほか、1試合のゴール数が1.3に対し1.25、失点数が1.1に対し1.25と前任者を下回る数値となっている。

 ミランは今節引き分けたことでサッスオーロに逆転され、7位に転落。次節は7日にセリエA第37節でボローニャと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA