2016.05.02

インテル完封負け、3位入り消滅でCL出場ならず…長友は終盤に交代

長友佑都
先発出場の長友(左)は79分に交代した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第36節が1日に行われ、ラツィオと日本代表DF長友佑都のインテルが対戦。長友は左サイドバックで起用され、リーグ戦2試合連続の先発出場を果たした。

 前節終了時点で、チャンピオンズリーグ出場圏内の3位ローマと4位インテルとの勝ち点差は「7」となった。ローマが2日にジェノア戦を控える中、インテルは勝てば暫定4ポイント差に詰め寄ることができるが、敗れた場合は残り2試合での逆転が不可能となり、3位入りが消滅。チャンピオンズリーグ出場権を逃すこととなる。

インテルの先発メンバー [写真]=Getty Images

インテルの先発メンバー [写真]=Getty Images

 重要な意味を持つアウェーゲームとなったが、インテルは立ち上がりに先制を許す。8分、ラツィオのミロスラフ・クローゼに中央突破を許し、ペナルティーエリア中央の密集地帯をワンツーで抜け出される。クローゼはGKサミール・ハンダノヴィッチとの1対1を冷静に制し、ループシュートでゴールネットを揺らした。

クローゼのゴールでラツィオが先制 [写真]=Getty Images

クローゼのゴールでラツィオが先制 [写真]=Getty Images

 ビハインドを負ったインテルは27分、ジョフレイ・コンドグビアがペナルティーエリア手前からループパスを通し、抜け出したステヴァン・ヨヴェティッチが至近距離からシュートを放ったものの、相手GKのセーブに遭って得点ならず。前半は0-1で終了した。

カンドレーヴァ(右)と競り合う長友 [写真]=Getty Images

カンドレーヴァ(右)と競り合う長友 [写真]=Getty Images

 1点を追うインテルは後半、56分にジョナタン・ビアビアニーを投入。さらに72分にはエデルをピッチへ送り出し、攻撃陣を入れ替えて打開を図る。79分には長友に代えてロドリゴ・パラシオを投入してゴールを目指した。

 しかし83分、インテルはジェイソン・ムリージョがペナルティーエリア内でケイタ・バルデ・ディアオを倒し、PKを与えてしまう。2分前にもイエローカードを受けていたムリージョは2度目の警告で退場となった。

 PKキッカーを務めたのはアントニオ・カンドレーヴァ。豪快に蹴り込んでゴールネットを揺らし、スコアは2-0に。ラツィオの勝利を決定付けた。

 試合は0-2で終了。インテルはアウェーで完封負けを喫し、勝ち点を伸ばすことができなかった。3位ローマとの勝ち点差は「7」のままで、3位入りの可能性が消滅。チャンピオンズリーグ出場権を逃した。

 8日に行われる次節、ラツィオはカルピとアウェーで対戦。インテルは7日、エンポリをホームに迎える。

【スコア】
ラツィオ 2-0 インテル

【得点者】
1-0 8分 ミロスラフ・クローゼ(ラツィオ)
2-0 84分 アントニオ・カンドレーヴァ(ラツィオ)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る