2016.04.28

加入1年で退団へ…ローマがジェコを放出か、独や英が移籍先候補に

ジェコ
昨夏からローマでプレーしているジェコ [写真]=AS Roma via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが、今夏の移籍市場で同クラブを退団する見通しとなった。ボスニア・ヘルツェゴヴィナのメディア『Sport.ba』が27日に報じた。

 ジェコは昨年夏の移籍市場でマンチェスター・Cからレンタル料400万ユーロ(約5億円)で移籍加入。同年10月には移籍金1100万ユーロ(約14億円)を追加して買い取りオプションが行使され、完全移籍に移行していた。

 しかし今シーズン、ジェコは期待を大きく裏切るパフォーマンスに終始。セリエA第35節終了時点で26試合に出場して8ゴールを記録しているものの、ゴール前でのミスがあまりにも多く、今夏の移籍市場で退団する見通しとなっている模様だ。同選手の放出に向けて、ローマのスポーツディレクターを務めるヴァルテル・サバティーニ氏がブンデスリーガやプレミアリーグのクラブと接触していると報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る