2016.04.25

ファウルを受けた相手も驚き…ユーヴェDF、53戦目でセリエA初警告

ルガーニ
セリエA出場53試合目で初めてイエローカードを受けたルガーニ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第35節が24日に行われ、フィオレンティーナとユヴェントスが対戦。ユヴェントスがスペイン代表FWアルバロ・モラタの決勝ゴールで2-1と競り勝ち、9連勝を果たした。

 ユヴェントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニは同試合にフル出場。勝利に貢献したが、自身通算53試合目で初めてセリエAの試合でイエローカードを受けた。

 ルガーニは26分、フィオレンティーナの同代表FWフェデリコ・ベルナルデスキを抱え込んで倒れ、パオロ・タッリャヴェント審判にイエローカードを提示された。昨シーズン、エンポリの一員としてセリエAデビューを果たして以来、53試合目で初めての警告となった。

 ルガーニの“記録”については、ファウルを受けたベルナルデスキも驚いた様子。試合後にイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じた同選手は「10年前からルガーニのことは知ってるけど、彼が警告を受けて僕も驚いた。彼にイエローカードを出させることに成功したよ」と話している。

 ルガーニは1994年生まれの21歳。ユヴェントスの下部組織出身で、トップチーム昇格後にエンポリへレンタル移籍した。2014-15シーズンにはセリエA全試合フル出場を達成。警告と退場を一度も受けず、脚光を浴びていた。今シーズンはセリエA第35節終了時点で15試合に出場している。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る