FOLLOW US

「ボール奪取は称賛に値する」ものの…伊紙、長友にインテル最低評価

ウディネーゼ戦でフル出場を果たした長友佑都(左) [写真]=Inter via Getty Images

 セリエA第35節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルウディネーゼが対戦。インテルが3-1と快勝した。長友は右サイドバックで先発し、フル出場を果たした。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場の長友には及第点の「6」をついたが、チーム最低点となった。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「クロスを放つためにポジションを高く取った。(マルセロ)ブロゾヴィッチにボールを集め、スーパーなボール奪取は称賛に値するが、あまりにも未熟なプレーに驚かされた」と、厳しい内容が記された。

 インテルの最高点は2ゴールを挙げたモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチで、「7.5」だった。

 次節、インテルは5月1日に敵地でラツィオと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA