2016.04.17

伊紙、フル出場で勝利貢献の長友に及第点「レベルの高いプレーを披露」

長友佑都
ナポリ戦にフル出場を果たしたインテルDF長友佑都 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第33節が16日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとナポリが対戦。インテルが2-0と快勝し、リーグ戦2連勝を達成した。長友はフル出場を果たしている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場の長友には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「いくつかのミスが長友にあった。ヘディングでのクリアや、カジェホンに対する注意力の散漫といったもの。しかし、それ以外はレベルの高いプレーを披露。イカルディへの素晴らしいクロス、最後の10分までは正確な守備をした。弱点であるサイドの弱さは問題には全くならなかった」と、及第点の評価が記された。

 インテルの最高点は、先制点を挙げたアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの「8」。最低点はイタリア人DFダニーロ・ダンブロージオで「6」だった。

 次節、インテルは28日に敵地でユヴェントスと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る