FOLLOW US

長友フル出場のインテル、2位ナポリに完封勝利…CL出場権奪取へ望み

ナポリ戦に出場した長友佑都 [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が16日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルナポリが対戦した。長友は左サイドバックで2試合ぶりの先発出場を果たしている。

 現在4位のインテルは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である3位ローマと勝ち点6ポイント差。白星を挙げて、出場権獲得に望みをつなげたいところだ。前節出場停止だったブラジル代表DFミランダと長友がスタメンに復帰。前線にはアルゼンチン人FWマウロ・イカルディやモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチらが起用された。

 一方のナポリも、1位ユヴェントスと勝ち点6ポイント差の2位につけている。逆転優勝に向けて、こちらも絶対に負けられない状況だ。リーグ得点王のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが出場停止で欠場となった一方、前節のヴェローナ戦で得点を挙げたスペイン代表FWホセ・カジェホンやイタリア代表FWマノーロ・ガッビアディーニらがスタメン出場を果たした。

 開始4分、早くもインテルが先制点を挙げる。ガリー・メデルのロングパスにイカルディが反応。ディフェンスラインの裏へ抜け出して落ち着いてトラップすると、ループシュートを放ちネットを揺らした。

先制点を挙げたイカルディ [写真]=Getty Images

先制点を挙げたイカルディ [写真]=Getty Images

 同点に追いつきたいナポリは23分、前線でボールを奪うと、ロレンツォ・インシーニェからパスを受けたマレク・ハムシクが強烈な右足のミドルシュートを放った。しかしこれはGKサミール・ハンダノヴィッチがパンチングでセーブした。

 28分には、インシーニェが右足のロングシュートでゴールを狙うが、これは枠をとらえることができない。

 さらに30分、ナポリはセカンドボールを拾うと、左サイドでボールを持ったインシーニェが横パスを出し、最後はアランがゴール正面からミドルシュートを放った。しかしGKハンダノヴィッチが右手一本でゴールを死守。チームを救った。

 押され気味のインテルは38分、左サイドを抜け出したイカルディが低い弾道のクロスを上げると、エリア内のヨヴェティッチが左足で合わせた。しかしこれはGKペペ・レイナの正面で、追加点とはならない。

 直後の44分、中盤で相手に囲まれたヨヴェティッチが縦パスを供給すると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したイカルディがつなぎ、マルセロ・ブロゾヴィッチへボールが渡る。そのままGKレイナとの1対1を落ち着いて決め、インテルが追加点を挙げる。直後に前半終了のホイッスルを迎え、インテルがリードしたままハーフタイムを迎えた。

 2点を奪われたナポリは、後半開始直後にファウジ・グラムドリース・メルテンスを投入し、試合に変化を加える。

 すると53分、ナポリは左サイドでボールを持ったハムシクのアーリークロスからホセ・カジェホンが右足インサイドでボレーシュートを打った。しかしボールは枠の左へわずかに外れる。

 対するインテルは60分、クロスボールをGKレイナがキャッチミスしたところに反応。混戦から最後はヨヴェティッチがループシュートを放ったが、カリドゥ・クリバリが頭でクリアし、ゴールを守った。

 引き気味のインテルをなかなか崩せないナポリは82分、左サイドからグラムがロングシュートを放つが、これは枠を大きくそれた。

 90分にはダイレクトパスをつなぎエリア右に進入すると、最後はホセ・カジェホンがシュートを打った。しかしDFが体を張ってブロックし、得点を許さない。

ゴールを決められず悔しがるカジェホン [写真]=Getty Images

ゴールを決められず悔しがるカジェホン [写真]=Getty Images

 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、2点のリードを守り切ったインテルが勝利を収めた。これでインテルはリーグ2連勝となり、CL出場権獲得に望みをつないだ。一方のナポリは逆転優勝が厳しくなる手痛い黒星となった。なお、長友はフル出場を果たしている。

 次節、インテルは20日に敵地でジェノアと、ナポリは19日にホームでボローニャと対戦する。

【スコア】
インテル 2-0 ナポリ

【得点者】
1-0 4分 マウロ・イカルディインテル
2-0 44分 マルセロ・ブロゾヴィッチインテル

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA