2016.03.29

コンテ監督に感謝するイタリア代表DFボヌッチ、ユーヴェ残留を明言

コンテ、ボヌッチ
コンテ監督(左)への感謝の意を述べたボヌッチ(右) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが同クラブへの残留を明言した。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が28日に伝えている。

 ボヌッチは現在、国際Aマッチウイークで活動中のイタリア代表の一員としてプレー。国際親善試合のドイツ代表戦を翌日に控え、28日に公式会見に臨んだ。

 イタリア代表は、アントニオ・コンテ監督が今年6月からフランスで開催されるユーロ2016終了後に退任することが決定している。ボヌッチは同監督について言及し、「自分のクオリティーを大きく伸ばしてくれた指揮官だ。最初の頃は意見の食い違いもあった。それは、自分がまだベストフォームではなかったからだよ。戦術的レベルのことをたくさん指導してもらった。今、優れたDFの選手の1人と言ってもらえるけど、その大部分はコンテ監督のおかげだよ。コーヒーを飲む時も、監督のことを追いかけたほどだ」と、感謝の意を述べた。ボヌッチは2011年以降、ユヴェントスとイタリア代表で同監督から指導を受けている。

 そして自身の去就について「コンテ監督がイタリア代表監督を退任した後、何をするかは私は知らない。ただ、自分はユーヴェとの契約を更新したんだ。ユーヴェのことだけを考えているよ」と続け、移籍の意思がないことを強調している。

 ボヌッチに対しては、コンテ監督がユーロ2016後に指揮官に就任すると言われているチェルシーや、現バイエルン指揮官で今シーズン後にマンチェスター・Cの監督に就任するジョゼップ・グアルディオラ監督が関心を示していると噂されていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る