2016.03.10

ミラン指揮官、留任は困難か…下部組織のブロッキ監督が後任候補に浮上

ミハイロヴィッチ、ブロッキ
ミランのミハイロヴィッチ監督(左)とプリマヴェーラのブロッキ監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの次期監督候補に、下部組織のプリマヴェーラを指揮するクリスティアン・ブロッキ監督が浮上している。イタリアメディア『Sky』が9日に報じた。

 同メディアによると、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督がミランに残留する可能性は極めて低く、決勝進出を果たしているコッパ・イタリアを制することだけが留任のために残された道と考えられている。

 そして後任候補には、サッスオーロのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督、ボローニャのロベルト・ドナドーニ監督がすでに浮上していたが、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長からの評価が高いブロッキ監督の名もリストに加えられた模様だ。

 ブロッキ監督は1976年生まれの40歳。選手時代はミランの下部組織からトップチームに昇格し、1994年から1998年、2001年から2008年の2度に渡って所属した。2013年の現役引退後は指導者に転身し、2014年6月からミランのプリマヴェーラを率いている。なお今シーズンは、グループBで首位インテルを勝ち点差「5」で追走。勝ち点43の2位につけている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る