FOLLOW US

奇跡の逆転突破はならず…インテル指揮官「決勝進出に値した」

ユヴェントス戦後にコメントしたマンチーニ監督 [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが2日に行われ、日本代表DF長友佑都インテルはホームでユヴェントスと対戦。ファーストレグを0-3で落としていたインテルは、3-0で90分間を終え、2試合合計スコアを3-3のタイとした。延長戦でも決着がつかず、迎えたPK戦。インテルは3-5と敗れ、奇跡の逆転突破は果たせなかった。

 インテルのロベルト・マンチーニ監督が、試合後にイタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』のインタビューに応じた。

 マンチーニ監督は「チームを褒め称えたい。選手たちのことを考えると非常に残念でならない。決勝進出に値するプレーをした。彼らのプレーにはとても満足している」と答え、決勝進出が果たせなかったことに肩を落としながらも、選手たちを評価した。

 そして、「自分たちがしたことにはとても満足しているが、結果も受け入れなければならない。(2月28日のセリエA第27節では)ユーヴェは序盤にエルナネスによる1回のチャンスしか得なかった。拮抗した試合だったが、自分たちのミスにより、試合の行方が変わってしまった」と、0-2で敗れた4日前の試合にも言及した。

 また、自身への批判については「私は誰にも左右されない。勝ち点を失っているから、批判が出ることは納得できる。自分たちがクオリティーを持っていることがわかった。今日のように優れた試合ができるかどうか、見ていこうじゃないか」と答え、今後に向けた手応えを示していた。

 インテルは次戦、6日のセリエA第28節でパレルモと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA