2016.02.18

バイエルン、本田同僚のFWバッカに興味か…来季指揮官が関心示す

ミランでプレーする本田(左)とバッカ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンが、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカの獲得に関心を持っていることが明らかになった。17日、イタリアメディア『クオティディアーノ』が報じている。

 同メディアによると、今シーズン終了後にバイエルンの新監督に就任するカルロ・アンチロッティ氏が注目を寄せているという。アンチロッティ氏はレアル・マドリードを指揮していた頃から、バッカに関心を抱いていた模様で、バッカの獲得に動く可能性が報じられている。

 また、バッカに関して同メディアは、今冬の移籍市場で中国クラブからミランに6000万ユーロ(約76億円)にも及ぶ移籍金が提示されたが、ミランはこのオファーを拒否していたことも伝えている。

 現在29歳のバッカは昨夏セビージャからミランに加入。ここまでリーグ戦25試合出場でチームトップの13ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る