2016.02.09

低迷ジェノアに痛手、得点ランク5位タイのFWが離脱…次節はミラン戦

パヴォレッティ
今季のセリエAで10得点を挙げているパヴォレッティ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ジェノアは8日、イタリア人FWレオナルド・パヴォレッティが約40日間の離脱を強いられると発表した。

 パヴォレッティは7日に行われたセリエA第24節ラツィオ戦でフル出場を果たしたが、右足の大腿二頭筋(外側ハムストリング)を損傷していたことが判明。クラブ公式HPは、同選手について全治40日間と伝えている。

 パヴォレッティは1988年生まれの27歳。今シーズンはセリエA第24節終了時点で17試合に出場し、得点ランク5位タイの10ゴールを挙げる活躍を見せている。イタリア代表招集の可能性も報じられていたが、負傷離脱を強いられることとなった。

 ジェノアは第24節終了時点で16位と低迷。24試合での総得点が24にとどまる中、4割以上のゴールを記録しているパヴォレッティの不在は大きな痛手となる。次節は14日、日本代表FW本田圭佑のミランとアウェーで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る