FOLLOW US

ラツィオ、サポーターの人種差別コールで制裁…2試合のゴール裏封鎖

人種差別コールで試合を中断させたイッラーティ主審(中央)[写真]=Getty Images

 セリエAを運営するレガ・セリエAは4日、サポーターが人種差別コールを行ったとして、ラツィオに対して本拠地での2試合でスタジアムの一部を封鎖する処分を命じた。

 3日に行われたセリエA第23節のナポリ戦で、ラツィオのサポーターがナポリのフランス人DFカリドゥ・クリバリに対して人種差別コールを行ったため、マッシミリアーノ・イッラーティ主審が試合を中断していた。

 このため、ラツィオは本拠地で行われる2試合で北側ゴール裏席の封鎖と、6万5000ユーロ(約850万円)の罰金処分の支払いを命じられた。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA