2016.01.25

バルサSDがユーヴェ対ローマ戦を視察…目的はディバラとポグバか

ポグバ ディバラ
バルセロナからの関心が噂されるポグバ(左)とディバラ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)が、24日にユヴェントス・スタジアムで行われたセリエA第21節、ユヴェントスローマ戦を現地で観戦した。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 観戦の目的はユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとフランス代表MFポール・ポグバの視察だという。またローマに所属するイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィのパフォーマンスをチェックすることも兼ねていたようで、将来の戦力として検討している選手たちをその目で確かめていた。なお、同試合ではポグバのアシストからディバラが決勝点を挙げてユヴェントスが勝利している。

 同紙によると、バルセロナは今冬の移籍市場でブラジル人DFドウグラス・ペレイラとU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレスの退団先を探している模様。ドウグラスはスポルティング・ヒホンが行き先の有力候補として挙がっており、出場機会が少ないサンドロも移籍先を探しているという。

 また、同クラブはルイス・エンリケ監督が希望するセルタのスペイン代表FWノリートのほか、ビジャレアル所属のU-21スペイン代表FWデニス・スアレス、U-19同代表DFアドリアン・マリンの獲得を画策。フェルナンデスSDが、23日に行われたエスパニョール対ビジャレアル戦もスタジアムで観戦し、D・スアレスとマリンのプレーをチェックしていたと伝えられている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング