2016.01.11

ユーヴェ指揮官、9連勝で2位浮上も「上位に留まるのはさらに難しい」

サンプドリア戦で指揮を執るアッレグリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第19節が10日に行われ、ユヴェントスはアウェーでサンプドリアと対戦し、2-1で勝利。試合後、ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督がインタビューに応じ、イタリア紙『トゥットスポルト』がコメントを伝えている。

 序盤戦こそつまずいたものの、破竹の9連勝で首位ナポリと勝ち点差「2」の2位に浮上したユヴェントス。アッレグリ監督は、「素晴らしく、そして重要な勝利だった。我々は(インテルと勝ち点で)2位に並び、序盤戦の戦いぶりを見ると素晴らしい結果を得たと思う」と話し、巻き返しに満足感を示した。

 また、首位に浮上したナポリについては、「彼らは最高のリーグ戦を戦っている。彼らは謙遜しているが、実際に首位に立っている。首位のナポリが前半戦を勝ち点41で終え、優勝できる勝ち点は82になるだろう。我々にとって、優勝争いに加わるのは容易なことではなかったが、上位に留まるのはさらに難しいこととなるはずだ。チームはとても良くなっている。それは、多くの選手が復帰したおかげでもあるのだ」と語り、後半戦の戦いは前半戦以上に難しいものになると気を引き締めた。

 そして、ミラン時代に指導した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノと試合中に言葉を交わしたエピソードについては、「彼を落ち着かせようと向かった。多少、ナーバスになっていたからだ。ミラン時代にも彼とは素晴らしい関係を築いた。彼が見せたチャレンジは嬉しく思うし、素晴らしい試合をしたよ」と明かし、得点を決めたかつての教え子のパフォーマンスにも満足を示している。

 ユヴェントスは次節、17日に敵地でウディネーゼと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング