2015.12.24

本田、セリエA前半戦ワースト11に選出…ミラン、ローマから最多3名

先発出場は5試合に留まったミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアメディア『Sky』は23日、2015-16シーズンのセリエA前半戦ワーストイレブンを発表した。ミランに所属する日本代表FW本田圭佑が選出されている。

 本田は、リーグ戦12試合に出場も、先発出場はわずか5試合。出場機会に恵まれず、不本意にもワーストイレブンに選出されることとなった。ただ、20日に行われたフロジノーネとの年内最終戦で今シーズン初のリーグ戦フル出場を果たし、今シーズンの初アシストも記録しており、これまでの悪い流れが変わりつつある。

 本田の他にミランからは、16歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマに守護神の座を奪われた元スペイン代表GKディエゴ・ロペス、さえないパフォーマンスに終始しているイタリア代表DFマッティア・デ・シリオが選出され、ローマと共に最多となる3選手がワーストイレブンに名を連ねている。

 そのローマからは、今夏の移籍市場でマンチェスター・Cから入団し、ゴール量産が期待されながらも3得点に終わったボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコら3名が選出。また、日本代表DF長友佑都が所属する首位のインテルからは、モナコから総額3500万ユーロ(約46億1000万円)もの移籍金で入団したが、金額に見合うだけの活躍が見せられなかったフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアが選出されている。

■『Sky』選出のセリエA前半戦ワーストイレブン(カッコ内は所属チーム)

▼GK
ディエゴ・ロペス(ミラン)

▼DF
マウリシオ(ラツィオ)
アントニオ・リュディガー(ローマ)
マッティア・デ・シリオ(ミラン)

▼MF
フェリペ・アンデルソン(ラツィオ)
ジョフレイ・コンドグビア(インテル)
エルナネス(ユヴェントス)
本田圭佑(ミラン)

▼FW
フアン・イトゥルベ(ローマ)
エディン・ジェコ(ローマ)
アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る