FOLLOW US

MFクロース、ベニテス監督下で出場減…ユーヴェとインテルが興味か

レアルでプレーするクロース [写真]=Real Madrid via Getty Images

 ユヴェントスと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、レアル・マドリード所属のドイツ代表MFトニ・クロースに興味を示していることが明らかになった。スペインメディア『Fichajes』が18日に報じている。

 現在25歳のクロースは、今季のリーガ・エスパニョーラですでに13試合に先発出場している。しかし同メディアは、クロースが13日のビジャレアル戦を欠場したことで、ラファエル・ベニテス監督就任以降出場機会を減らしていると指摘。昨シーズンはカルロ・アンチェロッティ前監督の下で86.5パーセントにあたる4595分間プレーしていたものの、今季は75パーセントの出場に留まっているという。

 ユヴェントスは今夏にレアル・マドリードからドイツ人MFサミ・ケディラを獲得したものの、同選手は度重なる負傷で苦戦。今季はセリエAで6試合の出場に留まっている。一方インテルは8月にクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチレアル・マドリードへ放出したため、中盤の選手を探していると見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA