FOLLOW US

7戦白星なし、不調ローマに監督交代の可能性浮上…リッピ氏ら候補に

ローマの監督就任が報じられたリッピ氏 [写真]=Getty Images

 不調が続くローマに監督交代の可能性が浮上した。イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が16日に報じている。

 同紙はリュディ・ガルシア監督の進退問題を報道。かつてユヴェントスで黄金時代を築き、2006年のドイツ・ワールドカップではイタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピ氏が、ガルシア監督に代わって就任する可能性があると伝えられている。

 また、その他の後任候補としてローマを指揮した経験を持つ前ゼニト監督のルチアーノ・スパッレッティ氏、前インテル指揮官のヴァルテル・マッツァーリ氏、かつてローマにスクデットをもたらした前ロシア代表監督のファビオ・カペッロ氏の3人が浮上しているが、いずれもシーズン途中にローマの指揮官に就任することはないとみられている。

 ローマは16日に行われたコッパ・イタリアのベスト16で、セリエBのスペツィアと対戦し、0-0からのPK戦の末に2-4で敗れた。同クラブはセリエA第13節のボローニャ戦以降、公式戦7試合連続で勝利がなく、直近3試合では無得点が続いている。

 ローマは20日、リーグ第17節でジェノアと対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO