2015.12.16

好機逸を悔やむ長友…同僚は「決めたらみんなベンチを飛び出したのに」

長友佑都
ボレーシュートでゴールを狙った長友。惜しくもGKに阻まれた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは15日に行われたコッパ・イタリア5回戦でカリアリ(セリエB)を3-0で下し、ベスト8進出を決めた。フル出場で勝利に貢献した長友が、試合後の取材に応じている。

 左サイドで先発した長友は後半途中から右サイドハーフに入ると、89分にはエリア内右に駆け上がり、味方からの落としを右足ボレーで狙った。シュートはやや力がなく、GKに阻まれてしまい、「決めたかったですね。絶好のチャンスだったんで」と悔やみつつ、「楽しんでプレーできた」と満足感を口にした。

「そろそろゴールがほしい」と話す長友は、ハビエル・サネッティ氏との“お辞儀”やフレディ・グアリンとの“お相撲ポーズ”など、ゴール後のパフォーマンスにも注目が集まる。

「何か、いろいろ考えているんですけどね(笑)」と新たなパフォーマンスを考えていることを明かすと、「とりあえず今日はみんなから『あれは決めろよ』と言われて、『お前が決めたらベンチから飛び出てみんなお前のところに行ってたのに』と言われてましたけどね。だから、それだけ決めたかったです」と、チームメートも自身のゴールに期待していただけに、改めて悔しさを滲ませている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る