2015.12.11

ユーヴェら伊3クラブ、移籍に関する規約違反で勝ち点減点処分か

処分対象となったユヴェントス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントス、ウディネーゼ、ジェノアの3クラブが、イタリアサッカー連盟(FIGC)のテクニカル部門の規律委員会と、連盟裁判所から処分対象とされたことが明らかになった。11日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 処分対象となった理由は、「2015年3月31日まで有効な『選手たちの代理人』の規則に関するスポーツ規約1条1項を違反したため」だという。

 ユヴェントスとウディネーゼは、DFマルコ・モッタの移籍に関して直接の監督責任があったとして、最大18万ユーロ(約2400万円)の罰金か、勝ち点1ないし2の減点処分を科される可能性がある。

 M・モッタは2009年にウディネーゼからローマに移籍。2010年にはユヴェントスに加入し、その後カターニャ、ボローニャとレンタル移籍で渡り歩き、2014年にはジェノアに加入していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る