2015.12.01

ナポリ指揮官、2得点のイグアインを絶賛「火星人のようになれる」

イグアイン
ゴールを喜ぶナポリFWイグアイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第14節が11月30日に行われ、ナポリはホームで日本代表DF長友佑都が所属するインテルに2-1と勝利し、単独首位に浮上した。試合後、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督がインタビューに応じ、そのコメントをイタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

 勝ち点を31に伸ばし、2位インテルに勝ち点差1をつけて首位に立ったナポリ。サッリ監督は、「この素晴らしい観衆に満足を与えることができて嬉しく思う。明日からは喜びを控え、懸命にトレーニングしていかなければならない」と話し、勝利できたことに満足感を示した。

 試合内容については、「後半は2-1とされるまで試合を支配していたと思う。勝利のために全身全霊を捧げたが、2-0とした後、恐れを抱き、いつもは決して間違わないようなことを誤ってしまった。明日は選手をこらしめてやらないといけない」と語り、数的優位に立ちながら押し込まれた終盤の戦いを課題に挙げた。

 そして、この試合で2得点を挙げたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについては「もし精神的にもう一歩前に進み、さらに集中力が増し、さらに闘争心を身に着けることができれば、火星人のような存在になれる」と言明し、とてつもない存在になれると称えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る