2015.11.24

クロップ監督、ラツィオMFビリアの獲得を希望か…マンUなども興味

ラツィオに所属するMFビリア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、ラツィオに所属するアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの獲得に関心を強めていることが明らかになった。23日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ビリアに関しては、マンチェスター・Uやバレンシア、さらには日本代表DF長友佑都が所属するインテルなどが獲得に興味を示していることが報じられていたが、さらにリヴァプールも触手を伸ばしていることが明るみとなった。

 クロップ監督は、今冬の移籍市場での獲得を望んでいることをクラブ幹部に伝えた模様で、優先して獲得したい選手の一人であることを強く希望しているものとみられる。

 現在29歳のビリアは、3年目のラツィオでの今シーズン、セリエAで8試合に出場し、3ゴールを挙げる活躍を見せている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る