FOLLOW US

仏代表DFエヴラ、マンUからユーヴェ移籍で卵アレルギーが発覚

ユヴェントスでプレーするDFエヴラ [写真]=Getty Images

 フランス代表DFパトリス・エヴラは、ユヴェントスに移籍したことによって卵アレルギーであったことが判明した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ユース時代を過ごしたパリ・サンジェルマンでプロになれず、イタリアのセリエC1に所属していたマルサラでデビューを果たしたことで知られているエヴラ。その後2006年にモナコからマンチェスター・Uに移籍し、その後8シーズンに渡ってイングランドでのプレーを続けた。

 彼は昨年夏にユヴェントスへの移籍を決断し14年ぶりにイタリアへの帰還を果たしたところ、イングランドでは判明しなかったアレルギーが突然発覚したという。

「ここに来たとき、彼らは僕が卵アレルギーを持っているというんだ。僕はマンチェスターでそれを毎日のように食べていたし、トレーニングの最初に吐いていた。病院に行くと彼らは言った。潰瘍を持ったままプレーしていて、内出血をしていないのは幸運だったと」

「僕はサッカーについて多くのことを学んできた。それがよりプロフェッショナルにしてくれる。マンチェスターにいるときもね。ここはイタリアだ。それはよりチェスゲームのようになっている。誰もが動く度に考えなければならない」

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO