2015.11.09

2戦連続フル出場の長友、FKから決勝点を演出「今は調子が良い」

8日のトリノ戦にフル出場したDF長友佑都 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは8日に行われたセリエA第12節でトリノと対戦し、敵地で1-0と勝利を収めた。試合後、長友はインタビューに応じ、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 インテルはリーグ戦3連勝で、首位フィオレンティーナと勝ち点27で並んで2位につけている。今シーズン7度目の1-0での勝利となった。長友は3-5-2の左サイドハーフで先発出場し、2試合連続のフル出場。FKからフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアが挙げた31分の先制点の起点にもなっていた。

 長友は、「たくさん走らなければいけませんでしたね。それが僕の役目ですけど」と、自分の役割を果たせたと話した。

 今シーズン序盤は出場機会に恵まれなかったが、直近の4試合で3度の先発出場を果たしている長友。現在の自身の状態について、「前は出番がありませんでしたけど、しっかり練習をしていました。今は調子が良いですよ。プレーするときに常に準備できていることが大事ですね」と語り、好調をアピールした。

 また、「とても大きな勝ち点3ですね。トリノは組織力があって強いチームなので、ここで勝つことは簡単ではありませんが、今日はうまくいきましたね」と試合を振り返り、勝利できたことを喜んだ。

 インテルは次節、22日にフロジノーネをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る