2015.11.08

本田は5戦連続の途中出場…ミランは16歳GKの活躍でドローに持ち込む

本田圭佑
アタランタ戦に途中出場した本田圭佑(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第12節が7日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとアタランタが対戦した。本田は7試合連続のベンチスタートとなった。

 前節、ラツィオに快勝を収めて3連勝を飾ったミラン。順位を8位まで上げ、調子を上げている。一方、すでに5勝と大健闘を見せているアタランタは、18位のボローニャに0-3の大敗。敵地で勝点を獲得し、安定して結果を残したいところだ。

 試合は開始からアタランタがチャンスを作る。6分、ルカ・チガリーニが右サイドを突破。折り返しをアレハンドロ・ゴメスが狙ったが、ここは惜しくも合わなかった。

 一方、ミランも反撃に出る。21分、中盤でボールを持ったエムバイェ・ニアンが前線のカルロス・バッカへパス。バッカがエリア内左に進入し、切り返しから右足シュートを放ったが、ここは相手DFにブロックされてしまった。

 続く38分、左サイドを強引に突破したニアンがエリア内左から右足シュート。しかし、ここはGKマルコ・スポルティエッロが横っ飛びでセーブした。このまま前半は0-0で終了を迎える。

 ミランはハーフタイムにマッティア・デ・シリオを下げてダヴィデ・カラブリアを投入した。後半立ち上がりの50分、ミランはアレッシオ・チェルチが左サイドのFKからクロスを入れると、ゴール前のバッカが頭で合わせたが、ここはオフサイドの判定となった。

 アタランタは後半途中から猛攻を仕掛ける。63分、右サイドのマキシ・モラレスがクロスを送ると、ゴール前に飛び込んだルカ・チガリーニがヘディングシュート。しかし、ここはGKジャンルイジ・ドンナルンマがなんとか反応した。

 続く64分、アルベルト・グラッシが浮き球のパスを送ると、エリア内右に進入したモラレスが右足シュートを放ったが、ここはGKドンナルンマが好セーブでピンチをしのいだ。さらに69分、A・ゴメスが左サイドから突破すると、マイナスの折り返しをグラッシがダイレクトシュート。しかし、ここもドンナルンマがなんとか足で防ぎ、アタランタに得点を許さない。

 ミランは73分にニアンを下げて本田を投入して流れを変えに出る。後半アディショナルタイム2分、本田が倒されて得たFKから、チェルチがクロスを供給。ルカ・アントネッリがヘディングシュートを放ったが、ここは枠の上に外れてしまった。さらに後半アディショナルタイム3分にもカウンターからビッグチャンスを迎えたが、チェルチのシュートは左サイドネットに外れてしまった。

 このまま0-0のスコアレスドローに終わり、ミランの連勝は3でストップした。なお、本田は73分からの出場となった。

 次節、ミランは敵地でユヴェントスと、アタランタはホームでトリノと対戦する。

【スコア】
ミラン 0-0 アタランタ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る