2015.11.06

インテル元会長、ピルロ獲得案を歓迎「とても素晴らしい考えだ」

ピルロ
NYシティに所属するMFピルロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロのインテル加入を歓迎していることを明かした。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が5日に報じた。

 3日付のイタリアメディア『メディアセット』によると、中盤の選手を探しているインテルのロベルト・マンチーニ監督が、ピルロの短期レンタルを希望しているという。

 MLSは10月25日にレジュラーシーズンが終了。NYシティは東地区の8位で終わり、年間チャンピオンを決めるプレーオフ出場を逃した。来年3月にリーグ戦が開幕するまでオフシーズンとなるため、ピルロなどの有力選手が短期的に欧州クラブでプレーすることが噂されていた。

 モラッティ元会長は、「とても素晴らしい考えだ。とても興味深いこと」と話し、ピルロのレンタル移籍の可能性を前向きにとらえていることを打ち明けた。

 ピルロについては、インテルのほか、マンチェスター・C、さらには昨シーズンまで所属したユヴェントスも関心を持っている模様。しかし本人は、リーグ最終戦の試合後に「ヨーロッパに戻ることはないと思う。それは今いるチームにとって良くないことだからね」と語り、欧州復帰の可能性を否定していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る