FOLLOW US

得点ランク単独首位のサンプドリアFWエデル「キャリア最高の時」

2日のキエーヴォ戦でゴールを上げたエデル [写真]=Getty Images

 セリエA第11節が2日に行われ、サンプドリアはアウェーでキエーヴォと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合で先制弾を決め、得点ランキングで単独首位に立ったイタリア代表FWエデルが、イタリアメディア『サンプTV』のインタビューに応えた。

 今シーズン9点目を決めたエデルは、「僕らはアウェーでの初勝利を欲していた。チームは良いスタートを切り、すぐにリードを奪うことができた。前半には2点目を決めることもできたが、後半に入り苦戦を強いられたね。いろいろな点を改善することができるだろう。だが、キエーヴォのように強く、組織されたチームに対しても良い戦いができた」と試合を振り返っている。

 そして、「監督には自由を与えられている。(ルイス・)ムリエルのおかげもあって、僕らはセリエAで最強の攻撃陣の一つを形成している。もちろん、(ヴァルテル・)ゼンガ監督の功績でもある。僕は今、キャリアの中で最高の時を迎えている。サンプドリアにやってきてから4年、僕はとても成長した。イタリア代表に呼ばれるチャンスにも恵まれたしね。ユーロ2016でも力を貸したいと思っている」と続け、自身のプレーやコンディションに満足感を示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO