2015.11.01

首位撃破に貢献の長友…伊紙も高評価「サラーに突破を許さなかった」

長友佑都
サラー(左)と対峙した長友佑都(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第11節が10月31日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームで首位ローマと対戦し、1-0で勝利を収めた。この結果、インテルは暫定首位に浮上している。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。2試合ぶりにフル出場を果たした長友に対し、「6.5」と及第点以上の評価を与えた。(最低点1、最高点10)

 同紙は、「右サイドでのプレーが有力視されていたが、ローマの(モハメド)サラーを警戒して左サイドで出場。ほとんどサラーに突破を許すことはなかった。後半には攻め上がりも見せたがそれは必要ないと理解。(アンドレア)ラノッキアへのバックパスはスタジアムをおののかせた」と寸評している。

 首位撃破を遂げたインテルでは、完封勝利に貢献したスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチがチーム最高点の「7」。最低点は、フランス代表MFジョフレイ・コンドグビアの「5.5」となった。

 次節、インテルは敵地でトリノと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る