2015.10.29

ミラン、今冬にもMFボアテング獲得か…本田とスソは退団の可能性

28日に行われたキエーヴォ戦に途中出場したFW本田 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランに所属する日本代表FW本田圭佑とスペイン人FWスソが、今冬の移籍市場で退団する可能性が高いことが明らかになった。28日、イタリアメディア『Milannews.it』が報じている。

 ミランは、現在同クラブのトレーニングに参加している日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングと今冬に契約を結ぶ可能性が高まっている。それを受けて、本田とスソの2人、あるいはそのどちらかがミランを離れることになるという。

 現在21歳のスソは母国スペインへの復帰が有力視され、本田についてはこれまでにトッテナム、エヴァートン、バレンシアなどが関心を持っていると伝えられていた。

 だが、本田に限っては残留の可能性もある。タイの実業家であるビー・タエチャウボル氏が正式にミランの株式を購入することになれば、本田がアジア市場へのアピールのために残留することもあり得るとの見方も示されている。

 本田は今シーズンのセリエAで7試合に出場しているが、直近の3試合は全て途中出場となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る