2015.10.25

長友、右SBで今季初先発…好機演出もインテルは3試合連続ドロー

長友佑都
今季初先発を果たした長友佑都(右) [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第9節が24日に行われ、パレルモと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。長友は右サイドバックで今シーズン初のスタメン入りを果たしている。

 インテルは開幕から5連勝を飾ったが、第6節のフィオレンティーナ戦に敗れると、サンプドリア、ユヴェントスと引き分け、3試合勝ち星から見放されている。一方、パレルモは前節のボローニャ戦で4連敗を止め、11位に浮上している。

 試合は前半からホームのパレルモがペースを握る。26分、アンドレア・リスポリのクロスからアルベルト・ジラルディーノがヘディングシュートを狙ったが、ここは枠の右上に外れた。さらに直後の27分にはエリア内でこぼれ球を拾ったフランコ・バスケスが右足でシュートを狙ったが、ここはGKサミール・ハンダノヴィッチに防がれてしまった。

 後半立ち上がりの60分、インテルがチャンスを作る。カウンターからステヴァン・ヨヴェティッチがゴール前でパスを受けると、右サイドを駆け上がったジョナタン・ビアビアニーへ浮き玉のパス。ビアビアニーがエリア内右から折り返すと、これをファーサイドのイヴァン・ペリシッチが合わせ、インテルが先制に成功した。

 しかし、パレルモもすぐさま反撃。66分、右CKを獲得すると、ロビン・クアイソンのクロスからバスケスがボレーシュートを放つ。これがゴール前のミランダに当たると、こぼれ球をジラルディーノが押し込み、パレルモが同点に追いついた。

 79分にはインテルのジェイソン・ムリージョがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。残り約10分間を10人で戦うことになった。インテルは終盤に猛攻を仕掛けたが、なかなか勝ち越しゴールが生まれない。長友も果敢に右サイドを駆け上がってクロスを供給したが、わずかに味方と合わなかった。

 結局、このままスコアは動かず、パレルモとインテルの試合は1-1の引き分けに終わった。インテルは4試合勝ちなし、3試合連続のドローに終わった。なお、長友はフル出場している。

 次節、パレルモはナポリと、インテルはボローニャとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
パレルモ 1-1 インテル

【得点者】
0-1 60分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
1-1 66分 アルベルト・ジラルディーノ(パレルモ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る