2015.10.23

ネドヴェド氏がユーヴェの副会長に就任「信じてくれた会長に感謝」

ネドヴェド
ユーヴェの副会長に就任したネドヴェド氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスは23日、クラブOBの元チェコ代表MFパヴェル・ネドヴェド氏が副会長に就任したことを発表した。

 これまでもユヴェントス幹部の1人だったネドヴェド氏。現役を引退した2009年までの8年間を同クラブで過ごし、2003年には当時の欧州最優秀選手賞であるバロンドール(現・FIFAバロンドール)に輝いた。また、2006年にはカルチョ・スキャンダルによってクラブがセリエB(イタリア2部)へ降格処分となったものの、クラブに留まって1年でのセリエA復帰に貢献している。

 副会長就任に際しネドヴェド氏は、「私を信じてくれた会長とクラブに感謝したい。おかげで、世界最大級のクラブで仕事を続けることができる」と喜びを口にし、「私の仕事はそんなに変わらない。引き続き、選手や監督とは毎日連携を取るだろう。私が最も手助けできることは、ピッチ上でのことだからね」と、これまでと同様の仕事をすることを明かした。

 また、ファンに対して「団結を続けてチームをサポートしてください。最後には、ともに良い結果を掴みましょう」とメッセージを送っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る