FOLLOW US

カバーニ、古巣ナポリへの愛を語る「全てを注いでくれたクラブ」

PSGでプレーするカバーニ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、ナポリへの復帰に言及している。大手メディア『スカイスポーツ』が22日に伝えた。

 現在28歳のカバーニは、2010年夏から3シーズンをナポリで過ごし、セリエAの得点王にも輝いた。「僕に全てを注いでくれたクラブのことを見放すことができる訳がないだろう?本当に尽くしてくれたんだ。彼らを避けることができるかって?僕には無理だ。ナポリにはたくさんの友人がいるし、僕を愛してくれる大勢のファンもいる」と、古巣クラブへの思いを語った。

 一方、「今、僕は現実的にはPSGの選手だし、チームのために全力を尽くしている。これは本当だ」と現所属クラブへの敬意を払い、「それでも、ナポリはいつまでだって僕の心の中にある」と強調した。

 2013年にフランスへ活躍の場を移した同選手。加入後2年間のリーグ・アンで34ゴールを記録し、今季もこれまで10試合で6得点を挙げている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA