2015.10.20

ラツィオ、FWケイタが左ひざのじん帯損傷で2~3週間の離脱か

左ひざを負傷したラツィオのFWケイタ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ラツィオのスペイン人FWケイタ・バルデ・ディアオが、左ひざを負傷し、15~20日に渡り戦列を離れることがわかった。19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ケイタは、18日に行われたセリエA第8節のサッスオーロ戦に途中出場。左ひざを負傷し、診察の結果、内側側副じん帯の損傷で、来週早々にも再検査が行われる見通しとなった。同紙によると、15~20日間の離脱となり、22日に行われるローゼンボリとのヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節を欠場することが決定的となったと伝えている。

 現在20歳のケイタは、今シーズンのセリエAで全8試合に出場し、1ゴールを決めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る