2015.10.16

謹慎処分明けのユーヴェDFカセレス、両足負傷でインテル戦を欠場

カセレス
負傷離脱が発表されたカセレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスはクラブに所属するウルグアイ代表DFマルティン・カセレスが、10日から15日間に渡り戦列を離れることを発表した。15日、クラブ公式HPが伝えている。

 ウルグアイ代表のカセレスは、ロシア・ワールドカップ南米予選のコロンビア代表戦で足首を負傷。ユヴェントスでチームメイトのMFフアン・クアドラードとの接触で負傷し、試合開始から18分でピッチを去った。

 15日に行われたMRI検査の結果、左足首をねん挫、右足を打撲しているとの診断を受けた。このため、18日に行われるセリエA第8節、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとの“イタリア・ダービー”を欠場することが決定的となった。

 カセレスは9月29日に交通事故を起こし、クラブから謹慎処分を科されていた。当初の報道ではインテル戦で謹慎処分が明けて先発出場すると予想されていたが、再び離脱を強いられることになった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る