FOLLOW US

打ち合い制したミラン、本田はチームの課題指摘「自問自答したのは守備面」

パレルモ戦で先発出場したミランFW本田圭佑 [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、19日に行われたセリエA第4節でパレルモと対戦し、3-2で勝利を収めた。

 トップ下の位置で2試合連続の先発メンバー入りを果たした本田は試合後、「思った以上に難しい試合になったので、その中で(カルロス)バッカのゴールでしっかり勝ちきることができたのは非常によかったなと思います」と勝利を喜ぶと、「今日勝った時点で今一番大事なことは次の試合を連勝することだと思います」と、22日にアウェーで行われる第5節のウディネーゼ戦での連勝を誓った。

 また、大手メディア『beIN Sports』の取材に対して、本田は英語で返答。「トレーニングを続けていく必要がある。(シニシャ)ミハイロヴィッチ監督の指示の下、ゴールを挙げるために全員で練習をしていく」と語ると、「自問自答した部分はミランのディフェンスについて。問題はあるがとにかくクオリティーとテクニックをアップさせるために、トレーニングを積んでいくことが大事だ」と課題を指摘。そして、「ただ、個人的には満足していない」と自身のパフォーマンスを振り返った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA