2015.09.13

結果に不満も忍耐を求めるユーヴェ指揮官「いない人の話はやめよう」

アッレグリ
ユヴェントスを率いるアッレグリ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が12日に行われ、ユヴェントスはホームでキエーヴォと対戦し1-1で引き分けた。試合後、マッシミリアーノ・アッレグリのコメントをイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 開幕から2連敗中のユヴェントスは、2連勝で首位に立つキエーヴォの勢いを止めることができず、開始5分に先制点を許してしまう。終盤にPKでなんとか同点としたものの、今シーズンの初勝利はお預けとなった。

 指揮官は、「我々は勝ち点3を望んでいた。当然、満足していない。ただ試合へのアプローチは悪くなかったんだ」と、結果への不満を口にし、「ユヴェントスが3試合でわずか1ポイントというのはあってはならない。我々は勝てないことに慣れていないんだ。気持ちの面で改善し、そして勝利を取り戻さなければならない」と、コメントしている。

 また、この試合でベンチスタートとなったフランス代表MFポール・ポグバについては、「ポグバはフランス代表で戦ってきたから休ませることにした。(シュテファン・)リヒトシュタイナーと(ジョルジョ・)キエッリーニもだ」と、コンディションを考慮しての采配だったと説明。またけがからの復帰を果たし先発出場したものの前半45分のみでベンチに退いたイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオに関しては、「彼は内転筋に問題を抱えてしまった。様子を見なければならない」と再び負傷したことを明かした。

 そして、「昨シーズンいた人の話はやめよう。我々は新しいチームで、新しい選手には時間が必要だがシーズンは長い。今はまず、最高のチームであるマンチェスター・Cとの戦いに向けて準備をするよ」と、新戦力が結果を出すまでには忍耐が必要だと話し、15日に控えるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のマンチェスター・C戦に向けて気持ちを切り替えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング