2015.09.12

セビージャが関心示す長友同僚MFメデル、選手も指揮官も残留希望か

メデル
昨季からインテルでプレーするMFメデル [写真]=Getty Images

 セビージャが関心を強めているチリ代表MFガリー・メデルが、インテルに残留する運びであると、イタリアメディア『FcInterNews.it』が10日に報じた。

 報道によると、日本代表DF長友佑都とともにセビージャからの関心が伝えられるメデルだが、選手本人はインテルから離れる意思がないということを、メデルに近い人物が同メディアに明かした模様。

 メデルは2018年6月30日までのインテルとの契約を遵守し、またクラブとロベルト・マンチーニ監督も同選手をチームに留めたい意向だという。クラブはプロジェクトの中心に据えており、譲渡できない選手と見ているようだ。

 28歳のメデルは昨夏の移籍市場でカーディフからインテルに加入し昨シーズンのセリエAでは35試合に出場。今シーズンも開幕から2試合に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る