FOLLOW US

インテル、スナイデル復帰を画策か…今冬もガラタサライから引き抜きへ

スナイデル(左)とマンチーニ監督(右) [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属しているインテルのロベルト・マンチーニ監督が、ガラタサライ所属のオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルの獲得を画策していることが判明した。9日付のトルコ紙『Aktif Haber』が伝えている。

 今夏の移籍市場で、古巣ガラタサライから2人のブラジル人選手、MFフェリペ・メロとDFアレックス・テレスの引き抜きに成功したマンチーニ監督。さらに、今冬の移籍市場でスナイデルとトルコ代表DFセミフ・カヤの獲得も検討しているという。

 インテルでプレーした経験を持つスナイデルに関しては、現在2016年6月30日までとなっているガラタサライとの契約を延長できなかった場合に、獲得に乗り出すことが予想されている。

 一方、カヤについては、今夏の移籍市場でもインテルが獲得に迫った模様。700万ユーロ(約9億4500万円)のオファーを提示したものの、獲得には至らなかったとみられているが、今冬の移籍市場で再び獲得に乗り出すとの見方が強まっているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA