FOLLOW US

ミランDFメクセス、フィオレンティーナへの移籍話が浮上も破談に

今夏、ミランとの契約を延長していたメクセス [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのDFフィリップ・メクセスのフィオレンティーナ行きが破談となった模様だ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が27日に報じている。

 同メディアによると、メクセスはフィオレンティーナに移籍することが決定的となっていたが、合意直前で契約は破談に。同選手を高く評価するシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の介入により、メクセスはミランに留まることとなったようだ。

 メクセスは、昨シーズン限りでミランを離れることが濃厚とみられていたが、ベルルスコーニ名誉会長の肝いりで、契約更新を勝ち取っていた。

 現在33歳のメクセスは、昨シーズンのセリエA20試合に出場し、2得点を記録。ラツィオ戦では、元イタリア代表MFステファノ・マウリに暴行を働き、4試合の出場停止処分を命じられた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA