2015.08.22

カッサーノが今季セリエAを展望「イブラなしでミランの優勝はない」

ミランで一緒にプレーしたイブラヒモヴィッチ(左)とカッサーノ(右) [写真]=Getty Images

 サンプドリアに所属する元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、22日に開幕が迫る2015-16シーズンのセリエAについて語った。イギリス誌『Four Four Two』が22日に伝えている。

 現在33歳のカッサーノは、2007年にレアル・マドリードからのレンタル移籍でサンプドリアに加入。翌2008年には完全移籍を果たしていた。その後、2010年12月にミランへ移籍すると、インテルを経て2013年にパルマへ加入。しかし、財政難にあった同クラブの給料未払いにより今年1月に契約を解除し、フリーとなっていた。そして今夏、4年半ぶりにサンプドリア復帰が決まっている。

 カッサーノは、今シーズンについて「サンプドリアと同じように、インテルは俺の心に近いクラブだ。インテルのスクデット獲得を願っているが、難しいだろうね」と、日本代表DF長友佑都が所属する古巣インテルの優勝を望むも、「ユヴェントスがこれから4〜5年間ずっと優勝候補だ。ローマは彼らを苦しめることができるだろう」とユヴェントスの5連覇を予想している。

 さらに、同じく古巣の同代表FW本田圭佑が所属するミランについても言及した同選手は、「ミランは、ズラタン・イブラヒモヴィッチが復帰しなかったら、スクデットを勝ち取ることはできないだろうね」とコメント。噂されているパリ・サンジェルマン所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの移籍が実現しなければミランの優勝はないと断言している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る