FOLLOW US

インテル長友、ガラタサライ移籍は白紙でサンプドリア加入が再浮上か

TIM杯サッスオーロ戦に出場した長友佑都 [写真]=Getty Images

 サンプドリアが、インテルに所属する日本代表DF長友佑都の獲得に近づいていると、イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』が13日に報じた。

 同紙は、2016年6月30日までインテルとの契約を残している長友が、間もなくクラブを退団し、以前からオファーを出していたサンプドリアへの移籍に近づいていると報道。移籍が実現すれば、ワルテル・ゼンガ監督が同選手をレギュラーとして起用する方針の可能性も伝えられている。

 なお、長友はガラタサライへの移籍が濃厚と見られていた。しかし、同選手とトレードでインテルに加入すると報じられてきたブラジル人DFフェリペ・メロは、ガラタサライとの契約を延長。長友は、同クラブ以外の移籍先を探すこととなり、サンプドリア移籍の可能性が再浮上しているようだ。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA