FOLLOW US

インテルのマンチーニ監督、試合中に粋な計らいで相手選手を祝福

渡されたメモをマンチーニ監督(中央)に返すスナイデル(左) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 2日、ガラタサライは日本代表DF長友佑都が所属するインテルとのプレシーズンマッチを戦ったのだが、その試合中にこんなシーンがあった。

 キックオフ直後、ガラタサライのスタッフを通じMFセルチュク・イナンのもとに小さなメモが渡される。実はこれ、インテルのロベルト・マンチーニ監督からのもの。インテルの監督がなぜガラタサライの選手にメモを…?

 このメモを読んだイナンはFWブラク・ユルマズへとそれを渡し、受け取ったユルマズはニヤリと笑みをこぼす。

 するとこのメモがFWウェスレイ・スナイデルのもとへ。目を通したスナイデルはコーチングエリアの方へとダッシュ! そしてメモ用紙をマンチーニ監督へ返すとスタジアムからは大きな歓声が起きた。一体どういうことなのだろうか?

 このメモ用紙にプリントされていたのは、言葉ではなく4つの星印であった。

 実はこれ、ガラタサライが達成したリーグ優勝の回数(20回)を表している。海外のクラブでは5回や10回の優勝を一つの星で表現することがあり、それらの星マークはエンブレムの上につくことがある。ガラタサライでは5度のリーグ優勝で一つ星がつくことになっており、2014-15シーズンの優勝により記念すべき4つ目の星が付け加えられている。

 そしてその2014-15シーズンの1シーズン前、マンチーニ監督はガラタサライを率いていた。2013年9月から2014年6月までガラタサライの監督を務め、チャンピオンズリーグにも出場。イナンやユルマズ、スナイデルといった選手は当時の選手であり、教え子たちの快挙をこうした形で称賛したのだ。

 こうした演出ができるのもプレシーズンならでは。選手だけでなく、スタジアムにいるガラタサライのサポーターをも幸せにしたマンチーニ監督のシャレたサプライズであった。

 なお、試合は1-0でガラタサライが勝利している。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO