2015.08.03

イタリア杯で最大得点差の新記録、3部チッタデッラが15得点を奪い圧勝

 コッパ・イタリアの1回戦が2日に行われ、レーガ・プロ(3部リーグに相当)のチッタデッラが、セリエD(4部リーグに相当)のポテンツァと対戦し、15-0と圧勝を収め、これまでの一試合の得点差の大会記録を大きく更新した。

 コッパ・イタリアでの得点差はこれまで1922年のルッケーゼ対CSフィレンツェ、1936-37シーズンのエンテッラ対デルトーナ、1939-40シーズンのカリアリ対テッラノーヴァ、1958年のサンプドリア対マルツォット(いずれも前者のチームが勝利)の9-0が、一試合の最大得点差となっていた。

 チッタデッラは7月29日にナポリとのプレシーズンマッチで1-5と大敗を喫していたが、格下との対戦で大量15得点を奪い、格の違いを見せ付けた。なお、チッタデッラは2回戦でセリエBのテーラモと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る