2015.07.31

両チーム合計22人のPK戦でレアルがミランに勝利…本田は好機演出も

本田
レアル戦に出場した本田 [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 30日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)中国ラウンドで、レアル・マドリードは日本代表FW本田圭佑の所属するミランと対戦した。

 27日のインテル戦から中2日のレアルは、ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”を揃って先発させた。一方のミランは本田をベンチに置いて試合に臨んでいる。

 開始直後からミランが攻勢に出た。ジェノアへのレンタルから復帰した20歳のエムベイェ・ニアンが8分にミドルシュートを放ち、39分にはドリブル突破でエリアに進入したものの、どちらもレアルのGKケイロル・ナバスに阻まれる。

 このまま前半は終了。ミランは本田やカルロス・バッカらをピッチに送り出し、後半を迎えた。

 レアルは57分、イスコがクロスを送りC・ロナウドがフリーでヘディングシュートを放つも、ミラン守護神ディエゴ・ロペスが脚でブロック。

 61分には本田を起点としてミランに決定機が訪れる。左サイドから本田が丁寧にクロスを送ると、ルイス・アドリアーノが頭で落とし、バッカが右足で強烈なボレーシュート。しかし、これは後半から入ったGKキコ・カシージャの好セーブに遭う。

 試合はこのまま終了し、勝負の行方はPK戦にもつれ込んだ。

 後攻のミランは3番目のキッカーであるバッカがゴール右に外すも、4人目を務めた本田は丁寧に左サイドに流し込む。すると、直後にトニ・クロースのシュートをジャンルイジ・ドンナルンマが見事キャッチする。

 その後はお互いに譲らずに迎えたレアルの11人目カシージャが中央に叩きこむと、直後にドンナルンマも同じコースを狙った。これをカシージャがセーブし、両チーム合わせて22人によるPK戦はレアルの勝利で幕を下ろしている。

【スコア】
レアル・マドリード 0-0(PK:10-9)ミラン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング