FOLLOW US

大迫&長澤所属のケルン、ユーヴェからU21デンマーク代表DFを獲得

ケルンへの移籍が決まったセーレンセン [写真]=ZoneSport via Getty Images

 日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンは11日、ユヴェントスからU-21デンマーク代表DFフレデリク・セーレンセンを獲得したことをクラブ公式HP上で発表した。契約期間は2019年6月30日までの4年間となる。

 移籍に際してセーレンセンは「ケルンはとても興味深いクラブだった。発展途中だけど、とても印象に残った。もちろんケルンはデンマークやイタリアでもよく知られている。そしてこのような伝統あるクラブでプレーできることを嬉しく思うよ」とコメントしている。

 現在23歳のセーレンセンは、2010年にリンビーの下部組織からユヴェントスの下部組織へレンタル移籍した。同年トップチームに負傷者が続出したため11月のチェゼーナ戦でプロデビューを果たし、翌年5月に完全移籍でユヴェントスに加わった。その後は、2012年1月から2013-14シーズン終了までは共同保有の形でボローニャへ移籍。昨シーズンはユヴェントスからヴェローナへレンタルされ、セリエAで10試合に出場していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA