2015.07.09

飲酒運転で事故のビダル、2年間の免許停止…警察官への謝罪も課される

ビダル
事故後の謝罪会見で涙を流すビダル [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、2年間の免許停止処分を科されることとなった。8日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じた。

 同選手は、チリ代表としてコパ・アメリカ2015に参加中の6月16日、飲酒運転による交通事故を起こした。幸い大事には至らなかったものの、警察官に暴言を吐くなどその行動が問題視されていた。しかし謝罪会見で涙を流したビダルは、事故後も代表チームに残ることを許されると、決勝戦のMVPに選ばれるなど、チリのコパ・アメリカ初制覇に貢献している。

 同紙によるとビダルには2年間の免許停止に加え、罵倒した警察官への謝罪と事故の相手に対する賠償金の支払いが命じられた。また、サイン入りボールやTシャツを寄付する義務も課せられ、これに同意している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る